読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠改善プロジェクト3

Management skills Sleep Project

雨降りの土曜日。少しずつ寒くなってきたので、今日は長袖のシャツを着た。

街を歩くと半袖姿が少なくて、季節の変わり目を感じる。

 

さて、久しぶりの睡眠改善プロジェクト。 睡眠改善プロジェクトの過去の記事はこちら➡2。

 

睡眠プロジェクト2でプロジェクトチャーターを決めたので、今日は具体的なプロセスを書き出してみよう。

 

購入までの今後のプロセス

  1. 今回のスコープの寝具を更に掘り下げ、検討する順番を決める
  2. 1で決めた順番に従い、各寝具について、チェックすべき点をネット検索や店舗で情報を集め、整理する
  3. 睡眠プロジェクト2に記載したゴールイメージと2のチェックすべき点を照らし合わせて、我が家の重要度を決める
  4. ネットや実店舗で候補となる寝具を選び、可能な限り実店舗で体験してみる
  5. 3のチェックすべき点と4.体験に基づいて、購入する商品を決定する
  6. 購入する

 

このうち、私一人でできることと、プロジェクトメンバーである家族(息子・夫)の協力が必要なことを分けてみた。

 

各ステップでの家族の関わり

  • 私一人でできること⬅調査・案作成
    1. 今回のスコープの寝具を更に掘り下げ、検討すべき順番(案)を作る
    2. 各寝具のチェックすべき点の情報収集&整理
    3.ゴールと照らし合せてチェックすべき点の重要度(案)を作る
    4.ネットや実店舗で候補となる寝具を選ぶ
    6.商品購入

  • 夫と一緒にすること意思決定
    1.今回のスコープの寝具の検討すべき順番(案)を合意する
    3.ゴールと照らし合せてチェックすべき点の重要度(案)を合意する
    5. 購入する商品を決定する

     

  • 夫と息子と一緒にすること⬅体験
    4. 実店舗で体験してみる

上の”私一人でできること”に書いた情報収集を夫にも分担してもらう、という選択肢もあるが、(1) 私が検索・調査が得意なこと、(2) 彼にお願いしても仕事が忙しくて期限通りに回答が得られない可能性が高いこと、から今回は”適材適所”で私が一人でする予定。

 

でも、夫は今回のプロジェクトの発端となった”疲れがとれない”という問題を抱えている人なので、重要なことを決めるときには彼と合意をして進める、という手順にした。

 

また、息子は、細かい基準はあまり興味がないけど、選んだ寝具で眠ることになるので、一緒に体験して彼の好みも聞く予定だ。

 

次は、プロセス1〜3の私が一人でできることを、順番にやってみよう。さて、書いたプロセス通りにうまく進むかな?