読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピラティスからプロコーチの効用を考える

曇り空の蒸し暑い一日だった。

会社についたときの挨拶は「今日は蒸し暑いですねー」。

蒸し暑いのは嬉しくないけど、これをきっかけに話をするのは悪くない。

 

昨日のこと、パーソナルトレーニングジムでピラティスをした。

今回担当の女性コーチに教わるのは先週に続き2回目。呼吸法から内股への力の入れ方、骨盤の正しい位置や肩甲骨の動かし方など、一つ一つの動きのコツと意味を丁寧に教えてくれ、私の疑問にも一つ一つきっちり答えてくれた。

 

このジムではコーチが日替わりなので他のコーチに教えてもうらこともあったのだけど、そのコーチは言葉だけで動きを説明してくれようとしてくれた。私はこのジムに通い始める前はピラティスのピの字の経験もなく、説明されても体をどう動かせば正しいのか全くわからず、「その動きでいいですよ」と言われても、何となく満足感が低かった。

 

今回のコーチは、ボールやポールなどの補助の道具を使ったり、実際に私の体を触ったりしながら、体感的に正しい位置がわかるように教えてくれた。

また、「はい、息を吸って、吐きながら体を起こしてー」と、早すぎず遅すぎず、行うべき動作の直前に次の動作や意識するポイントを指示してくれ、

うまくできれば「その動きいいですよー」との声かけ、違ったら手を添えて修正して教くれるたので、

その結果、一つ一つの動作に意識を集中しやすく、自分としてもうまくコントロールできている感覚とうまくできていない感覚が少し持て、満足度が高かった。

 

そして、ジムで習っている以外の時間、例えば椅子に座ってデスクワークしているときや、通勤時間など、先生に言われたポイントを思い出しながら自分なりに意識している。

独学だったら、短期間でこんな感覚はつかめないと思うので、やっぱりプロに習ってよかったなーと思う。

 

何か新たに何か始めるときや自分一人ではうまくできないとき、プロのコーチに指導してもらうのは、上達の近道だ。

これは運動に限った話ではなく、家の整理整頓だったり、スタイリングだったり、仕事でも同じことだ。一人でなんとかしようとせず、困ったら必要に応じてプロに頼るのは”短時間で成果を出す”ためには合理的な選択だと思う。

 

そして、その分野を楽しい!と感じていて、専門知識がある人に教わると、技術的な上達だけでなく、その活動自体が楽しくなるという嬉しいおまけがくっついてくる。

 

昨日のピラティスがとても楽しかったので、終わった後に「すごくわかりやすくて楽しかったです!」とコーチに声をかけたら、「そういってもらえると嬉しいです!」とニコニコ顔で答えてくれた。その顔を見て、また来週もピラティスがしたいなーと思った。