読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植木鉢の花の植え替え・計画3

Plant Management skills Project

一日いいお天気だった土曜日。

夕方空を見上げると、オレンジ色の空に鱗雲が広がりすっかり秋らしい。

今日は半月。円弧が右側にあるので、上弦の月だ。

 

さて、我が家の植木鉢の花の植え替え計画も3日目。計画も今日で終了だ。

今日は、植え替えの具体的な目標と手順を考えた。

 

まずは、植え替えの目標を決める。

一昨日ゴールと制約条件を書き出し、昨日は現状把握をしたので、それも基づいて今回の植え替えの目標を決めたので、具体的な数字も入れながら、目標を下のように書き出した。

 ---------------------------------

今回の植え替えの目標

作業時間3時間、予算は2000円以内で、高い木と花や観葉植物を組み合わせて秋らしい寄せ植えを作る。

  • 高い木:シマトネリコユーカリがもっと育つように植える。
  • :きれいな明るい色(白、ピンク、黄色、紫、青など)で、冬まで長く花が楽しめるものを選ぶ。
  • 観葉植物ワイヤープランツは再利用。それ以外は、緑又は渋い色(グレー、焦げ茶、赤茶)、秋口の寒さに耐えられるものを選ぶ。

 

各植木鉢に何を植えるか(数字は、購入予定の植物の数)

  • 7号鉢:シマトネリコ、きれいな色の花1、ツル系の観葉植物1
  • 6号鉢:ユーカリ、渋い色の観葉植物1
  • 9号の平鉢:高さのある花又は観葉植物1〜2、きれいな色の花1、丈の低い観葉植物2〜3

 ---------------------------------

 

次に、この目標を達成するための、大まかな手順を決める。

このとき意識するのは、”材料”と”完成品”と”変換”だ。

 

虫の音を聴きながらモノ作りを考える - 楽・暮らし に書いたとおり、

 モノを作るとは、”材料”を”完成品”に”変換”するということ。

 そして効率よくモノを作るには、最低限必要な変換が何かを見極めることが大事。

 

今回の植え替えの場合、”材料”を”完成品”にするための”変換”は、1.花や植木の購入、2.今ある鉢をリセット、3.実際に植える の3つ。

 ---------------------------------

今回の植え替え手順

  1. 購入:ホームセンターで植物を購入する。植物はホームセンターにあるもので選ぶ。購入するのは、きれいめな色の花2、丈の低い観葉植物2〜3、ツル系の観葉植物1、高さのある花又は観葉植物1〜2。
  2. 鉢のリセット:今ある鉢植えから木や花を取り出し、使えるモノと捨てるモノ似分ける。
  3. 植える;各植木鉢に寄せ植えをする。

 ---------------------------------

 

これで、植え替え計画作りは終了した。

明日は、この手順に従って、実際に植え替えをしてみる予定だ。

 

今回の植え替え計画は、1.ゴールのイメージ、2.制約条件の確認、3.現状の把握、4.具体的な目標設定、6.大まかな手順決め という流れで進めていった。

 

植え替えに限らず、どんなこともこの流れで進めていけば、むずかしく複雑で手に負えないようにみえるものも、簡単なことに分解して計画できる。